男性不妊の肥満による関係性と男性不妊の原因を知ろう

男性不妊の場合には肥満との関係はあるのでしょうか。肥満と男性の不妊との関係性についてはBMIが高くなるにつれて正常な精子数や精子量が少なかったという実験の結果があります。
原因に考えるのは肥満のためにホルモン値の変化や過剰な脂肪によって精巣まわりが加熱することなどがありますが、個人差も大きいと言えます。
そのうえ肥満と関係のある疾病である糖尿病については不妊の要因になることが分かっています。
過度なダイエ・bトはかえって体を壊し、不妊の原因ともなりますが、適度な運動を継続的に行い、BMIを正常範囲に収めることができれば健康状態も改善できて男性の不妊の解消につながっていきますので妊娠して生まれた子供のためにも努力をしてみてはどうでしょうか。

【必見】医療保険は必要?不要?それぞれの理由まとめ – NAVER まとめ

不妊は原因として半数は男性にあると言え、その場合手術はどのようなものなのでしょうか。
不妊の原因として男性側にあると判明しても実のところ男性不妊に関してはよく理解できていないことが多いのです。
手術が必要な場合は原因を特定でき、手術によって結果的に改善を期待できる場合となると思います。

具体的には精巣やその上の精索部に静脈瘤がある精索静脈瘤の手術、精路に閉塞がある場合に行う精路再建手術、どのようにしても精液中より精子を回収できない場合顕微授精をするための精巣精子採取術などを考えます。
こうした不妊手術はケースにより保険が適用できますが、そうならない場合がありますから注意してください。